所得税とは?控除や源泉所得税について

会社に勤めている人は、毎月の給料から、所得税を天引きされています。

その所得税は、年間の所得の多い人の方が、多い金額が課税される仕組みとなっています。

また、扶養控除の制度があり、扶養家族が多いと、控除される金額は低くなります。

この給料から天引きされる所得税のことを源泉所得税と言います。

会社では、天引きした、源泉所得税を納付する必要があります。

これは、基本的には、前月の分を翌月10日までに毎月納付する必要があります。

しかし、納期の特例というものを受けている、小規模な会社の場合は、半年に一回、まとめて納付することになります。

いずれにしても、このときには、源泉所得税徴収高計算書という用紙に記入して納付することになります。

このように、所得税というのものが何なのか、また、源泉所得税とは何か、そして、それらを納付するために使用する用紙の記入方法というのは、非常に複雑な制度となっています。

これらの所得税の制度の内容や、納付書の書き方などをくわしく説明しているサイトがあれば、経理担当の人には非常に役立つのではないでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました